【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

神経科?神経内科?脳神経内科 慶應義塾大学?中原仁教授が1位
神経科?神経内科?脳神経内科

おススメ1位 慶應義塾大?中原仁教授

2020/08/31
2019年1月~19年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ5となった神経科?神経内科?脳神経内科の若手講師を紹介する。
喘息/COPD薬 3成分配合薬、20年6月でシェア3%
喘息?COPD治療薬

3成分配合薬、20年6月でシェア3%

2020/08/31
吸入ステロイド薬(ICS)、長時間作用性β2刺激薬(LABA)、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)の3成分を配合した吸入薬が、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の治療薬として2019年に相次ぎ発売された。第1選択薬のLAMAで気管支拡張効果が不十分かつ喘息病態を合併する患者において、3成分配合吸入薬は複数のデバイスを使う必要がなく、アドヒアランスの向上が期待されている。
糖尿病?内分泌?代謝内科 北播磨総合医療センター?三崎健太主任医長が1位
糖尿病?内分泌?代謝内科

おススメ1位 北播磨総合医療センター?三崎健太主任医長

2020/07/31
2019年1月~19年12月に国内で開催された糖尿病?内分泌?代謝内科領域の講演会でおすすめ度トップ5となった若手講師を紹介する。

降圧剤ミネブロ カリウム保持性利尿薬市場でシェア4%
降圧剤ミネブロ

長期処方解禁も立ち上がり穏やか コロナも影響か

2020/07/31
国内患者数が4300万人と推計される高血圧(高血圧治療ガイドライン2019)。多くのクラス降圧薬、あるいはその複数成分の配合剤が上市され、すでに新薬開発は終了した感があるが、4300万人のうち、治療中で140/90mmHg未満にコントロールできている患者は27%に過ぎない(前出のGL)。
後期開発品の4割が、がん領域

【開発品リスト】20年8月版 疾患別 後期開発品の4割が、がん領域

2020/07/31
ミクス編集部が製薬企業69社の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト20年8月版 疾患別」によると、20年6月末時点でP3以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は449品目で、その4割をがん領域の開発品(183品目)が占めた。
後期開発品数1位はAZ

【開発品リスト】20年8月版 企業別 後期開発品数1位はAZ

2020/07/31
ミクス編集部が製薬企業69社のフェーズ2以降の新薬開発状況をまとめた「新薬パイプラインリスト20年8月版 企業別」によると、20年6月末時点でP2以降の国内開発プロジェクト数(以下、品目数)は723品目あった。
新規成分29品目、効能追加など48品目

【開発品リスト】20年8月版 申請品一覧

2020/07/31
ミクス編集部が製薬企業69社の国内フェーズ2以降の開発品を集計したところ、20年6月末時点で承認申請中のプロジェクト数(以下、品目数)は77品目あった。
疼痛薬タリージェ 医師が“患者の声”で想起、初のトップに
ノンプロモーション系チャネル 20年4月度調査

疼痛薬タリージェ 医師が“患者の声”で想起、初のトップに

2020/07/22
2020年4月に発売1周年を迎えた新規の末梢性神経障害性疼痛治療薬タリージェは、20年4月度調査で、医師が「患者の声」で想起した製品ランキングでトップにたった。前回20年1月度調査は2位、前々回の19年10月度調査では4位だった。
消化器科?消化器内科 愛知医科大学?角田圭雄准教授が1位
消化器科?消化器内科

おススメ1位 愛知医科大の角田圭雄准教授

2020/06/30
2019年1月~19年12月に国内で開催された講演会でおすすめ度トップ3となった消化器科?消化器内科(関連診療科含む)の若手講師を紹介する。
新型コロナウイルスの影響 「受診控え」顕著に
新型コロナの市場影響

4月の患者数は前年同月比16%減

2020/06/30
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の国内1例目が確認されてから6か月。4月には緊急事態宣言が発令され、累計感染者(PCR検査陽性者)数は1万7000人を超えた(6月12日、厚生労働省まとめ)。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
达达兔影院/久久爱www免费人成av/成年黄页网站大全免费/美女美裸体